Food

自然に近い状態

自然食品とはどういうものか

自然食品とは、農薬や化学肥料を使用せずに栽培した農作物などのことです。合成飼料を使用せずに自然の飼料で育てた牛や豚、鶏などの畜産物や魚介類もそうです。また、遺伝子組み換えの原材料を使用していない加工品(味噌、醤油)などもあります。その他、成分無調整の牛乳や豆乳も含まれます。つまり、人工的なものがあまり加わっていない、自然に近い状態でできた食品のことなのです。最近では、オーガニック食品やマクロビオティックなどの広い範囲の意味でも使われブームになっています。自然食品は安全な手順で作られており、安心して口に入れることができます。そのため、子どもも安心して食べることができるので、保育所のおやつなどでも出されています。

お店で購入してみましょう

自然食品のお店では、お米や野菜、お菓子など色々と取り揃えてあります。自然食品には食品添加物が入っていないため、比較的近場で育てられたものや製造されたものが多くあります。どういうところで作られているのかが想像しやすく、それも安心して取り入れられる要素の一つではないでしょうか。 最近、子どもの食物アレルギーが増えてきています。食べられるもの食べられないものを見分けながら食品を購入するのは、とても大変なことです。自然食品のお店では、アレルギーに対応した製品も多く扱っています。 価格については、一般的な食品に比べると多少高くなっているところが多いです。しかし、自分や大切な人の健康な身体には代えられません。